Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブを日本生物物理学会へ移管しました。
日本生物物理学会のサイトはこちらをご覧ください。

ビデオ一覧

*本ページでは2018年3月31日時点で登録されていたビデオのみが表示されます

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

1

2014.01.30

真核生物 アクセス数:219
トラップしたクラミドモナスの鞭毛打高速度撮影

種名:Chlamydomonas reinhardtii
東京工業大学 資源化学研究所 若林憲一

単細胞緑藻クラミドモナスを2枚のガラスで挟んでトラップし、高速度撮影しました。再生速度は1/40倍です。泳ぎ方はまさに「平泳ぎ」です。

2

2014.09.30

原核生物 アクセス数:210
Borrelia burgdorferi interacting with a postcapillary venule of the skin vasculature

種名:Borrelia burgdorferi
Department of Biochemistry & Molecular Biology, University of Calgary, Calgary, Alberta, Canada, and Department of Microbiology & Infectious Diseases, University of Calgary, Calgary, Alberta, Canada Professor George Chaconas
 

Spinning disk confocal IVM video footage of fluorescent Borrelia burgdorferi interacting with a postcapillary venule of the skin vasculature. Most spirochetes visible in this video are interacting transiently (interaction times appear shorter than in real time because the video time scale is compressed). A time-lapse microscopy series of two GFP-expressing B. burgdorferi in the capillary of the skin of a living C57 mouse is shown. Elapsed time is shown at the top right and the scale at bottom left. The time lapse was recorded at 0.94 fps and exported to video at 5 fps. Direction of blood flow is up and to the left.

Plos Pathogen

3

2014.03.19

原核生物 アクセス数:207
Cytophaga beads

種名:Cytophaga sp.
ハーバード大学 ハワード・バーグ

ハワード・バーグ先生からの提供動画 http://www.rowland.harvard.edu/labs/bacteria/movies/swarmecoli.php

McBride, M.J. Bacterial gliding motility: multiple mechanisms for cell movement. Annu. Rev. Microbiol. 55, 49-75 (2001).
Mignot, T., Shaevitz, J.W., Hartzell, P.L. and Zusman, D.R. Evidence that focal adhesion complexes power bacterial gliding motility. Science 315, 853-856 (2007).

4

2014.12.12

原核生物 アクセス数:199
FtsZリングの形成と収縮2

Department of Cell Biology, Duke University Medical Center 大澤正輝
 

この動画は、動画“Zリングの形成と収縮1”の細胞#1に関して、Zリングのダイナミクスをより詳しく見たものである。Z リングの収縮の終盤FtsZは娘細胞の細胞質で増加し(Zリング内で減少し)、新しいZリングを娘細胞内に形成する。この過程の特に570 - 710 sec(動画のスピードを落としてある部分)の間で、この細胞のFtsZ繊維は スパイラル様の構造を形成しているのが観察される。これは、少なくともFtsZが大きなスパイラル様の構造を形成しうることを示している。一方、Zリングはいつも完全なリング構造をしているわけではないということが、1130 - 1170 secの*印の部分からわかる。これはこのZリングに大きなギャップが存在し、アーク状の構造になっていることを示唆している。

5

2014.09.05

その他 アクセス数:199
Flagellar World II

広島県立大学(退官) 相澤 慎一

帝京大学の学生と一緒に制作したビデオ

6

2015.02.03

真核生物 アクセス数:195
STED顕微鏡で見た微小管動態

理化学研究所・生命システム研究センター 岡田康志

STED顕微鏡を用いて、生きている細胞内で微小管の動態を観察してみました。

7

2014.09.17

原核生物 アクセス数:194
Chemoreceptor alignment following Myxococcus cell contact

Laboratoire de Chimie Bacte´rienne, CNRS UMR 7283, Aix-Marseille Universite´ , Institut de Microbiologie de la Me´diterrane´ e, Marseille, France Professor Tam Mignot

environment? Multicellular cooperation arises from cell-cell signalling and environment sensing and chemotaxis. The localization of a Myxococcus xanthus cytoplasmic receptor (Methyl-accepting Chemotaxis Protein, MCP) changes dynamically in response to cell contacts. This observation suggests that Myxococcus cells possess a “sense of touch” allowing cells to respond to the external environment by modulating coordinated cell movement. Myxococcus has a total of 21 MCP encoding genes. Some of them have been characterized genetically and biochemically. Similar to enteric bacteria, these receptors might be cross-linked with each other and form complex arrays ultimately generating sensory machineries. We are trying to characterize these sensory machineries and understand the link between the localization of bacterial chemoreceptors in cells and their function during chemotaxis

8

2014.09.23

モデル(解説を含む) アクセス数:194
Actin filament assembly

Managing Editor, MBInfo (www.mechanobio.info) Professor Steven Wolf
Science Communications Facility, 
Mechanobiology Institute, National University of Singapore 
 

The actin network is made up of filamentous actin (F-actin). These filaments are highly dynamic in nature and comprise monomers of G-actin bound to either ATP (yellow) or ADP (blue). Assembly is powered by ATP hydrolysis and filament nucleation happens spontaneously in vitro. Polymerization: Addition of ATP-actin occurs at the barbed end, leading to filament elongation. Elongation will continue whilst the rate of elongation is greater than the loss of ADP-actin from the pointed end. Profilin preferentially binds to ATP-actin, inhibits nucleation and accelerates filament elongation in vivo. Depolymerization: When the dissociation rate of ADP-actin exceeds the rate of ATP-actin association, the filament shrinks. In vivo, this is aided by cofilin, which can severe filaments into short fragments and promote subunit loss from the pointed ends. Actin treadmilling occurs when the rate of association of ATP-actin and the rate of loss of ADP-actin are balanced. This video uploaded by permission from MBInfo: www.mechanobio.info; Mechanobiology Institute, National University of Singapore

MBInfo

9

2014.09.15

真核生物 アクセス数:186
助細胞による花粉管の誘引

種名:Torenia fournieri
名古屋大学 WPI-ITbM 東山哲也

花を咲かせる植物である被子植物は、進化の過程で、鞭毛ダイニンなど鞭毛をつくるための遺伝子を捨てた。このため、植物の精細胞は自ら泳ぐことはできない。その代わりに素早く、水の少ない環境でも精細胞を卵のある部分まで運ぶのが、花粉から伸び出す「花粉管」という細胞である。花粉管細胞は、精細胞をエンドサイトーシスで取り込んだ状態で運ぶ。花粉管がなぜ正確に卵の場所までたどり着けるのか?およそ140年にわたって探索されてきた花粉管誘引物質が、このムービーが示す、「トレニア」というユニークな植物を使って発見された。トレニアは卵組織が組織に包まれず露出しており、花粉管が卵組織の先端に正確に誘引される様子を直接観察することができる。卵細胞のとなりに2つある助細胞が花粉管誘引物質を分泌すること、そしてその誘引物質は約65アミノ酸からなるシステインに富む複数のペプチドであることが明らかとなり、ルアーと名付けられた。

Science, 293, 1480-1483, 2001
Nature, 458, 357-361, 2009

10

2014.08.29

分子・タンパク質 アクセス数:141
高速AFMで撮影されたミオシンVの一方向歩行運動

金沢大学理工研究域数物科学、バイオAFM先端研究センター 安藤敏夫、内橋貴之、古寺哲幸

ミオシンVは2つの足を持ったモータータンパク質で、細胞の中では荷物運びを行っていることが分かっています。尾部を取り除いたミオシンV(ミオシンV-HMM)のアクチンフィラメントに沿って一方向に歩行運動する様子を高速AFMで直接観察しました。溶液中には1µMの濃度のATP(ミオシンVのエネルギー源)が入っています。撮影の条件は、1秒間に7フレームの走査速度、走査範囲は130 × 65 nm2 (80 × 40 ピクセル)です。歩行運動中のミオシンVはたまに足踏み運動していることが分かりました。後ろ足の足踏み運動のときに赤い三角のマーク、前足の足踏み運動の時に水色の三角のマークが現れます。

Annual Review of Biophysics 42: 393-414 (2013)
Nature 468: 72-76 (2010)

このページの先頭へ