Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブを日本生物物理学会へ移管しました。
日本生物物理学会のサイトはこちらをご覧ください。

ビデオ一覧

*本ページでは2018年3月31日時点で登録されていたビデオのみが表示されます

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

1

2014.03.20

原核生物 アクセス数:229
Twitching Pseudomonas aeruginosa(2)

種名:Pseudomonas aeruginosa
ハーバード大学 ハワード・バーグ

ハワード・バーグ先生からの提供動画 http://www.rowland.harvard.edu/labs/bacteria/movies/swarmecoli.php

Mertz, A.J., So, M. and Sheetz, M.P. Pilus retraction powers bacterial twitching motility. Nature 407, 98-102 (2000).
Skerker, J.M. and Berg, H.C. Direct observation of extension and retraction of type IV pili. Proc Natl. Acad. Sci. USA, 98, 6901-6904 (2001).

2

2014.09.15

真核生物 アクセス数:201
助細胞による花粉管の誘引

種名:Torenia fournieri
名古屋大学 WPI-ITbM 東山哲也

花を咲かせる植物である被子植物は、進化の過程で、鞭毛ダイニンなど鞭毛をつくるための遺伝子を捨てた。このため、植物の精細胞は自ら泳ぐことはできない。その代わりに素早く、水の少ない環境でも精細胞を卵のある部分まで運ぶのが、花粉から伸び出す「花粉管」という細胞である。花粉管細胞は、精細胞をエンドサイトーシスで取り込んだ状態で運ぶ。花粉管がなぜ正確に卵の場所までたどり着けるのか?およそ140年にわたって探索されてきた花粉管誘引物質が、このムービーが示す、「トレニア」というユニークな植物を使って発見された。トレニアは卵組織が組織に包まれず露出しており、花粉管が卵組織の先端に正確に誘引される様子を直接観察することができる。卵細胞のとなりに2つある助細胞が花粉管誘引物質を分泌すること、そしてその誘引物質は約65アミノ酸からなるシステインに富む複数のペプチドであることが明らかとなり、ルアーと名付けられた。

Science, 293, 1480-1483, 2001
Nature, 458, 357-361, 2009

3

2014.08.29

分子・タンパク質 アクセス数:142
高速AFMで撮影されたミオシンVの一方向歩行運動

金沢大学理工研究域数物科学、バイオAFM先端研究センター 安藤敏夫、内橋貴之、古寺哲幸

ミオシンVは2つの足を持ったモータータンパク質で、細胞の中では荷物運びを行っていることが分かっています。尾部を取り除いたミオシンV(ミオシンV-HMM)のアクチンフィラメントに沿って一方向に歩行運動する様子を高速AFMで直接観察しました。溶液中には1µMの濃度のATP(ミオシンVのエネルギー源)が入っています。撮影の条件は、1秒間に7フレームの走査速度、走査範囲は130 × 65 nm2 (80 × 40 ピクセル)です。歩行運動中のミオシンVはたまに足踏み運動していることが分かりました。後ろ足の足踏み運動のときに赤い三角のマーク、前足の足踏み運動の時に水色の三角のマークが現れます。

Annual Review of Biophysics 42: 393-414 (2013)
Nature 468: 72-76 (2010)

4

2014.01.31

原核生物 アクセス数:133
Oscillation of GFP-MinD in E. coli

種名:Escherichia coli
立教大学 今永洋平、塩見大輔

大腸菌が正しく中央で分裂するために、Minシステムが機能します。MinCDEタンパク質が細胞の極から極へ往復運動を繰り返すことで、細胞極での分裂面形成を阻害します。結果として、細胞は中央でのみ分裂します。Minシステムの欠損株では、中央と両極で分裂します。ここでは、GFP-MinDの動きを10秒ごとに10回撮影しました。GFP-MinDが往復運動していることが分かります。

5

2013.08.23

真核生物 アクセス数:118
AmiB-変異 細胞性粘菌細胞のケラトサイト様アメーバ運動

種名:Dictyostelium discoideum
産業技術総合研究所 上田太郎

細胞性粘菌Dictyostelium discoideumのアメーバ細胞は、前後に細長く伸び、典型的なアメーバ運動を行います。しかしAmiBノックアウト細胞は、横方向に伸びた餃子型の形状となり一方向にまっすぐ運動するようになります。これは魚のkeratocyteの運動とよく似ています。

Keratocyte-like locomotion in amiB-null Dictyostelium cells. Cell Motil. Cytoskeleton. 59:17-27.

6

2015.12.18

真核生物 アクセス数:115
トリネマ

種名:Trinema sp.
東京都 下水道局

幅15~60 μm×長さ30~105 μmくらい。殻は長楕円形で円形のうろこ状の小片が重なり合って規則正しく配列されている。開口部の位置は斜めにずれている。殻は透明に見える。ほとんど動かない。

微生物図鑑

7

2014.10.23

モデル(解説を含む) アクセス数:102
Part 2: GTPase Reactions and Diseases

Max-Planck Institute Professor Alfred Wittinghofer

In the second part of Dr. Wittinghofer's talk he explains the link between GTPases and disease. Ras is both a key molecule in regulating normal cell growth and an oncogene in unregulated cancer cell growth. Mutations in Ras that prevent the hydrolysis of GTP to GDP lock Ras into an active state rendering it independent of upstream growth factor signals. Biophysical studies from Wittinghofer's lab solved the multiple steps in the hydrolysis of GTP to GDP and explained why particular mutations in either Ras or Ras-GAPs cause unregulated activation of Ras and tumor formation. Examples of other G-proteins that are unable to hydrolyse GTP and result in different diseases such as Retinitis Pigmentosa, are also presented.

ibiology

8

2013.07.10

原核生物 アクセス数:95
Tenacibaculum maritimumの滑走運動

種名:Tenacibaculum maritimum
帯広畜産大学 楠本晃子

Tenacibaculum maritimumはマダイ、クロダイ、ヒラメなどの海水魚に感染し、滑走細菌症を引き起こします。養殖場で大量死をもたらすこともあるため、養殖場で重要な細菌感染症のひとつとして知られています。本菌は滑走運動をおこないますが、その分子メカニズムは不明で、また、病原性との関連性についてもまったく研究がなされていません。

9

2016.09.28

真核生物 アクセス数:94
オペルクラリア

種名:Opercularia sp.
東京都 下水道局

長さは35μmから、大きいものは250μmくらい。柄にミオネームがなく伸縮しない。柄は分岐し群体をつくる。繊毛は体の頂部より突き出した円盤上にある。囲口部に波動膜があり、動かして摂食する。

微生物図鑑

10

2017.06.23

真核生物 アクセス数:93
ディプロガスター

種名:Diplogaster sp.
東京都 下水道局

大きさは0.5~3 mmくらい。体の外形は細長い円筒状で、体節構造はみられない。フロックの中にもぐり込んで、細菌を摂食する。

微生物図鑑

このページの先頭へ