Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

本領域の事業の一環として,細胞運動のビデオのオンラインライブラリーを作成します.細菌,真核生物,アーキア(古細菌),ウイルス,タンパク質, 合成ポリマー,など様々なものの動きを公開します.それぞれのビデオは,私たちが生物学的に掲載価値があるかどうかを判断,分類し,和文と英文で解説します.

ライブラリー作成のため,皆さまに,(1) 研究者によるご自身の研究対象の投稿,(2) スーパーサイエンスハイスクールや生物部の活動などで顕微鏡をのぞいていて見つけた微生物の投稿,などをお願いします.また,(3) 論文のビデオなどで当ライブラリーにリンクしてほしいもの,(4) 周囲に眠っている古いビデオ教材などでアーカイブ化の価値がありそうなもの,については領域事務局までご一報ください.

ライブラリーのアクセスランキングを下記のリンク先で公開しています。直近の3か月のアクセス数の多いビデオ10本を見ることができます。

また、ビデオ・アーカイブをより手軽に楽しんで頂くために、閲覧用スマートフォンアプリを開発いたしました。
以下からダウンロードできますので、是非ご覧下さい。

ビデオ・アーカイブの収録ビデオの利用に関しては下記へご連絡下さい。

伊藤政博 (masahiro.ito@toyo.jp)
東洋大学生命科学部生命科学科 教授
〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
電話&FAX:0276-82-9202(研究室)、0276-82-9305(5105実験室)

iOS版 Android版
ビデオライブラリQRコード iOS

ビデオライブラリQRコード Android
Get it on Google Play

ビデオ一覧

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2017.02.20

真核生物
レカネ

種名:Lecane sp.
下水道局 東京都

長さ150~160μmくらい。被甲は、背部腹部ともに扁平で、卵形または卵円形でしっぽは2本ある。頭被甲内に引き込むことができる。しっぽを動かしながらフロックの周囲を移動する。食物源は主に分散状の細菌類や原生動物だが、フロック固着性の細菌も捕食する。

微生物図鑑

2016.04.28

真核生物
しなやかに粒子間をすりぬけて

種名:Loxodes or Remanella
AL-Museum AL-Museum

細長く先端だけが少し曲がったこの大きな繊毛虫は、横から見るとリボンのように平たい身体の向きを上手に変え、粒子の間をすり抜けて泳ぎます。

AL-Museum

2016.04.08

真核生物
リトノツス

種名:Litonotus sp.
東京都 下水道局

大きさは70~170 μm。500μmくらいの種類もいる。全体に短い繊毛がある。口の周りにはやや長い繊毛が密集してる。前後に滑るように移動する。移動時にも形はあまり変わらない。

微生物図鑑

2015.08.17

真核生物
リトノータス?

種名:Litonotus
AL-Museum AL-Museum

体は細長く、口先がやや曲がって細く伸びた繊毛虫。粒子の間を、柔らかく身をくねらせ、その口を忙しくあちこちに突っ込んでは餌をあさる。方向転換する際はリボンのようで、体が扁平なことが分かる。狭い粒子の隙間には他にも様々な生き物が溢れている。

AL-Museum

2015.07.29

原核生物
Part 1: Bacterial pathogenesis: the Listeria paradigm

種名:Listeria
Pasteur Institute Pascale Cossart

Cossart begins her talk with an overview of microbiology and then focuses on the bacterium Listeria monocytogenes, a food-borne, intracellular pathogen. Cossart explains how Listeria enter epithelial cells, move around inside cells, and spread between cells. She describes how her lab identifed Listeria virulence genes by comparing the sequence of a non-pathogenic species of Listeria with the sequence of L. monocytogenes. They found that Listeria uses a wide variety of strategies to infect and proliferate within its host.

2015.07.29

原核生物
Part 2: Exploring "New Microbiology" with Listeria monocytogenes

種名:Listeria
Pasteur Institute Pascale Cossart

In Part 2, Cossart describes how modern molecular and cell biology techniques have yielded new concepts in microbiology. For example, small non-coding RNAs that are differentially expressed and necessary for virulence have been identified. Short and long antisense RNAs with multiple regulatory functions also have been found. It seems likely that these, and other newly identified mechanisms of bacterial regulation, may prove common to different bacterial species.

2015.07.29

原核生物
Part 3: Cell biology and infection: lessons from Listeria

種名:Listeria
Pasteur Institute Pascale Cossart

In her final talk, Cossart reviews the many cellular processes impacted during infection with Listeria. She successively discusses activation of clathrin-mediated endocytosis during bacterial entry, nucleation of actin comet-tails by bacterial ActA, post-translational modifications during infection (in particular deSUMOylation), mitochondrial targeting, and finally chromatin remodeling and epigenetic regulation during infection. Listeria is a true cell biologist, manipulating all aspects of cell function.

2015.02.25

真核生物
イタチムシの一種

種名:Lepidodermella sp.
学習院大学 柏崎 隼

腹毛動物に属するイタチムシは、腹側に生えた繊毛の運動により固形物表面を滑走する。 学習院大学にある「血洗いの池」より採集。 微分干渉顕微鏡、ビデオ録画。再生はリアルタイム。

2014.11.01

原核生物
Actin Filament Interacting with Listeria monocytogenes

種名:Listeria monocytogenes
Center for Cell Dynamics, University of Washington, Friday Harbor, Washington, United States of America Professor Jonathan B. Alberts

Listeria monocytogenes moves by actin-based motility. A close-up look at the interaction of a single polymerizing filament with the bacterium based on in silico reconstitution. This filament has an artificially durable link with an ActA protein on the bacterium's surface; these links are typically very transient. The tip-clearance (drawn with a cyan line), the polymerization probability, the capping probability, and the Arp2/3 binding probability are reported at each simulation time-step

Plos Biology

2014.11.01

分子・タンパク質
Motion initiation and persistence of actin-based motility

種名:Listeria monocytogenes
Center for Cell Dynamics, University of Washington, Friday Harbor, Washington, United States of America Professor Jonathan B. Alberts

An animation rendered from the output of one simulation of Listeria monocytogenes motility. Microscale hops, as opposed to the nanoscale steps we investigate are apparent at this scale view. The bacterium induces an actin tail of variable density and demonstrates persistent motion.

Plos Biology

17 件中 1-10 件目

このページの先頭へ