Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブを日本生物物理学会へ移管しました。
日本生物物理学会のサイトはこちらをご覧ください。

ビデオ一覧

*本ページでは2018年3月31日時点で登録されていたビデオのみが表示されます

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2014.02.06

モデル(解説を含む)
迷路に囲まれたアメーバ細胞のシミュレーション

九州大学理学部 西村信一郎

細胞(緑)とシグナル発生源(青)は壁(白もしくは黄色)によって仕切られている。シグナルは黄色い壁を浸透するが、細胞は通れない。細胞はシグナルの濃度勾配に従い壁を越えようとするが、通ることができず止まってしまう。しかし、ゆらぎによって迂回路を探し当てることができる。

2014.01.31

原核生物
Oscillation of GFP-MinD in E. coli

種名:Escherichia coli
立教大学 今永洋平、塩見大輔

大腸菌が正しく中央で分裂するために、Minシステムが機能します。MinCDEタンパク質が細胞の極から極へ往復運動を繰り返すことで、細胞極での分裂面形成を阻害します。結果として、細胞は中央でのみ分裂します。Minシステムの欠損株では、中央と両極で分裂します。ここでは、GFP-MinDの動きを10秒ごとに10回撮影しました。GFP-MinDが往復運動していることが分かります。

2014.01.30

真核生物
アワセオオギの葉緑体

種名: Micrasterias sp.
神戸大学理学研究科洲崎研究室 早川昌志

美しい形を持つ緑藻のアワセオオギの細胞質を観察してみました。

2014.01.30

真核生物
クラミドモナスの遊泳

種名:Chlamydomonas reinhardtii
東京工業大学 資源化学研究所 若林憲一

単細胞緑藻クラミドモナスの遊泳の様子を暗視野顕微鏡で観察しました。正の走光性を示しているので、少しずつ視野内の細胞数が増えるのがわかるでしょうか。

2014.01.30

真核生物
トラップしたクラミドモナスの鞭毛打高速度撮影

種名:Chlamydomonas reinhardtii
東京工業大学 資源化学研究所 若林憲一

単細胞緑藻クラミドモナスを2枚のガラスで挟んでトラップし、高速度撮影しました。再生速度は1/40倍です。泳ぎ方はまさに「平泳ぎ」です。

2014.01.30

真核生物
クラミドモナスの走光性

種名:Chlamydomonas reinhardtii
東京工業大学 資源化学研究所 若林憲一

単細胞緑藻クラミドモナスの走光性。クラミドモナスの光受容体は青〜緑の光を感じるので、赤い観察光下で彼らは暗闇にいるのとほぼ同じです。動画再生後5秒で左から、15秒で上から緑色光を照射しました。細胞は光照射方向変化に応じて迅速に遊泳方向を変えます。このとき、多くの細胞は正の走光性を示しています。クラミドモナスの2本の鞭毛はカルシウム感受性に違いがあり、それによって鞭毛打のバランスを変化させて方向転換していると考えられています。

2014.01.23

原核生物
Synechococcus Swimming

種名:Synechococcus
ハーバード大学 ハワード・バーグ先生からの提供動画
 

べん毛を使わないSynechococcus の遊泳運動

Waterbury, J.B. et al. A cyanobacterium capable of swimming motility. Science 230, 74-76 (1985).

2014.01.23

原核生物
Synechococcus spinning

種名:Synechococcus
ハーバード大学 ハワード・バーグ先生からの提供動画
 

べん毛を使わないSynechococcus の遊泳運動

Waterbury, J.B. et al. A cyanobacterium capable of swimming motility. Science 230, 74-76 (1985).

2014.01.23

真核生物
ミドリムシのstep-up光驚反応

種名:Euglena gracilis
東邦大学薬学部 伊関峰生

ミドリムシは、急激な青色光の強度変化に応答して、その遊泳方向を一氣に変えます。これを光驚動反応といいます。急に青色光が強くなったときに観察される光驚動反応をステップアップ光驚動反応といい、急に弱くなったときに観察されるのがステップダウン光驚動反応です

seki, M., et. al. A blue-light-activated adenylyl cyclase mediates photoavoidance in Euglena gracilis. Nature 415,1047-1051 (2002).
Matsunaga, S., et al. Discovery of signaling effect of UV-B/C light in the extended UV-A/blue-type action spectra for step-down and step-up photophobic responses in the unicellular flagellate alga Euglena gracilis. Protoplasma 201, 45-52 (1998).

2014.01.23

真核生物
ミドリムシのstep-down光驚反応

東邦大学薬学部 伊関峰生

ミドリムシは、急激な青色光の強度変化に応答して、その遊泳方向を一氣に変えます。これを光驚動反応といいます。急に青色光が強くなったときに観察される光驚動反応をステップアップ光驚動反応といい、急に弱くなったときに観察されるのがステップダウン光驚動反応です。

721 件中 611-620 件目

このページの先頭へ