Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブを日本生物物理学会へ移管しました。
日本生物物理学会のサイトはこちらをご覧ください。

ビデオ一覧

*本ページでは2018年3月31日時点で登録されていたビデオのみが表示されます

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2014.07.03

分子・タンパク質
SDS-PAGEで解析されるマイコプラズマ滑走タンパク質

種名:Mycoplasma mobile
大阪市立大学 宮田真人

大阪市立大学理学部の実習で,マイコプラズマ・モービレの滑走に必要なタンパク質が電気泳動 (SDS-PAGE)にかけられ,解析されました(20140703).ビデオは約400倍速です.

Unique centipede mechanism of Mycoplasma gliding.

2014.06.28

真核生物
クラミドモナスの除膜モデル

種名:Chlamydomonas reinhardtii
学習院大学理学部 神谷 律

クラミドモナス(単細胞緑藻)の細胞膜を非イオン性活性剤でとりのぞくと、細胞は死にます。そこにATP を含む液を流してやると、鞭毛運動が再活性化して、まるで生きているように動き出します。

http://jcb.rupress.org/content/98/1/97.long

2014.06.26

真核生物
分裂するHeLa細胞

北海道大学 創成研究機構 上原亮太

分裂期中期に細胞中央に並んだ染色体が後期に両極に分配された後、分かれた染色体の間で細胞がくびれることで、遺伝情報が二つの娘細胞に正確に継承されます。 微分干渉顕微鏡により撮影。

2014.06.21

分子・タンパク質
first flagella motor

種名:Treponema
大阪市立大学 宮田真人

Treponema flagellar motor (EMDB1235) has been printed out by UP! Plus2, which is useful also for EM images.

2014.06.21

分子・タンパク質
F1 ATPase

Osaka City Univ Makoto MIYATA

F1 ATPase (1E79) is rotating with 1/3 of its maximal rate. It can be enjoyed also as a 3D puzzle.

2014.03.31

その他
急速凍結レプリカ電子顕微鏡観察における凍結過程

種名:Electron microscopy
大阪市立大学 宮田真人

急速凍結レプリカ電子顕微鏡法における凍結過程.ここでは液体窒素を使用しています.

急速凍結レプリカ電子顕微鏡法 (Facebook)

2014.03.31

その他
急速凍結レプリカ電子顕微鏡観察における白金蒸着過程

大阪市立大学 宮田真人

急速凍結レプリカ電子顕微鏡法における白金蒸着過程.日本電子のJFDVを使用しています.

急速凍結レプリカ電子顕微鏡法 (Facebook)

2014.03.31

その他
急速凍結レプリカ電子顕微鏡観察における吸水過程

大阪市立大学  宮田真人

急速凍結レプリカ電子顕微鏡法における凍結前の吸水過程.20-23秒くらいが頃合いです.

急速凍結レプリカ電子顕微鏡法 (Facebook)

2014.03.29

真核生物
オオタイヨウチュウ

種名:Actinosphaerium sp.
兵庫県立大学大学院生命理学研究科 谷口篤史

多核で大型のタイヨウチュウです。雑食性で、ワムシやラッパムシといった大きい生物を捕食することもあります。普段は200um程度の大きさですが、環境が悪くなると細胞融合を行って1mmを超える大きさになる場合もあります。なお、動画で輝いている物は細胞内に含まれる結晶です。

2014.03.29

真核生物
ヒゲマワリの回転運動

種名:Pleodorina sp.
兵庫県立大学大学院生命理学研究科 谷口篤史

ボルボックスの仲間で、群体は64~128個の細胞で出来ています。生殖細胞を持つボルボックスはクラミドモナスからヒゲマワリを経て進化したと考えられており、ヒゲマワリにも生殖細胞が存在します。動画のヒゲマワリはまだ小さいので生殖細胞を確認しづらいですが、成長した個体では大きさが異なる細胞が群体内にあり、大きい方の細胞が生殖細胞です。

721 件中 561-570 件目

このページの先頭へ