Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブを日本生物物理学会へ移管しました。
日本生物物理学会のサイトはこちらをご覧ください。

ビデオ一覧

*本ページでは2018年3月31日時点で登録されていたビデオのみが表示されます

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2014.08.26

モデル(解説を含む)
F1_Model_2

University of California Professors Hongyun Wang and George Oster
 

An animation showing why the F1 motor is rotating counter clockwise and how the chemical reaction and the rotation are coordinated by two switches: switch 1 (red) controls the ATP binding; switch 2 (blue) controls the phosphate release.

2014.08.26

モデル(解説を含む)
F1_3d_sp_2

University of California professors Hongyun Wang and George Oster

A perspective view of alpha3 beta3 gamma in spacefill display with specular highlights

2014.08.26

モデル(解説を含む)
F1 top sp 2

University of California  Professors Hongyun Wang and George Oster

A top view of alpha3 beta3 gamma in spacefill display with specular highlights.

2014.08.26

モデル(解説を含む)
FoMotor 2

University of California Professors Hongyun Wang and George Oster

An animation of the Fo motor based on the model suggested by Professors Hongyun Wang and George Oster

2014.08.25

その他
Animation of Fluorescence resonance energy transfer

東北大・多元研  井上 裕一

FRETの説明時に動かして見せるとよいかもしれません。

2014.08.25

その他
Animation of protein folding 1 (kinesin)

東北大・多元研  井上 裕一

キネシンモータードメインを動かしてみました。

2014.08.25

その他
Animation of protein folding 2 (GFP)

東北大・多元研  井上 裕一

GFPを動かして光らせてみました。

2014.08.25

その他
Animation of caged-compound using an optical microscopy

東北大・多元研  井上 裕一

Caged化合物を局所的に導入すると、ATPなどの濃度を高速に変化させることができます。

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006349514006262
http://www.pnas.org/content/94/9/4395.abstract

2014.08.25

その他
Actin filament recorded by a digital camera (Fuji F-30)

東北大・多元研  井上 裕一

蛍光アクチンフィラメントの観察像です。市販のデジタルカメラ(2006年発売)でも十分録画できるようになりました(30fps)。 圧縮される前のオリジナルを見たい方はこちらです。 http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/ishijima/pictures/lab/actin.htm

http://www.nature.com/nature/journal/v307/n5946/abs/307058a0.html

2014.08.25

真核生物
Cytoplasmic streaming in Chara at 21.2degC

東北大・多元研  井上 裕一

車軸藻細胞の原形質流動を観察。1分子計測にも使用可能な温度制御チップを用いて、室温23℃で観察しています。

http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00249-010-0667-y
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006349513012514

721 件中 491-500 件目

このページの先頭へ