Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブを日本生物物理学会へ移管しました。
日本生物物理学会のサイトはこちらをご覧ください。

ビデオ一覧

*本ページでは2018年3月31日時点で登録されていたビデオのみが表示されます

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2016.12.15

真核生物
大小二つの繊毛虫

種名:Balladyna, Remanella
AL-Museum AL-Museum

やや小型で、体の前後に棘毛のある繊毛虫が粒子間で餌をあさっています。一瞬その何倍もある巨大な繊毛虫が姿を現し、身をくねらせて去って行きます。

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
ゆっくり動く緑藻

種名:Closterium
AL-Museum AL-Museum

長さ600ミクロン以上もある細長く真直ぐな緑色藻がゆっくりと動いています。中央から両端にやや細くなって緑の色素体が並んでいます。細胞内には目立つ動きが見られません。

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
餌をあさる繊毛虫

種名:Amphisiella
AL-Museum AL-Museum

前に進んだり下がったり、時には向きを変え、粒子の中に入ったり、捕食に余念のない繊毛虫です。細長い体の前後に棘毛が見えますが特に前の棘毛を忙しく動かしています。オキシトリカの仲間でしょうか?

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
茶褐色の殻に包まれた鞭毛虫

種名:Euglena, Trachelomonas
AL-Museum AL-Museum

円形褐色鞭毛虫が1本の長い鞭毛を振りたてて泳ぎ回っていますがやがて、粒子の脇に停止し、鞭毛だけを活発に動かしています。やや硬い殻に囲まれトラケロモナスの仲間でしょうか?

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
粒子の陰の鞭毛虫

種名:Anisonema
AL-Museum AL-Museum

粒子間隙で色々の微生物たちが動き回る中で、画面下の長い鞭毛をもつ鞭毛虫はあっちを向いたり、こっちを向いたり面白い動きをしています。

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
ストロンビディウムの繊毛に撥ね飛ばされる小生物

種名:Strombidium or Strombidium
AL-Museum AL-Museum

ストロンビデイウムを上から写した画面です。口の周りの激しい繊毛の動きで、周りから接近する小生物は次々撥ね飛ばされてしまいます。

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
スキー帽のような形の繊毛虫

種名:Campanella or Vorticella
AL-Museum AL-Museum

毛糸のスキー帽の様な形をし、一番広い部分で繊毛が沢山動いています。中に細かい食物が多数見えています。一箇所に停止して繊毛のみを動かし、小さな餌を待っているのかも知れません。ストケシアの仲間でしょうか?

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
自由に動けないミドリムシ

種名:Euglena
AL-Museum AL-Museum

鞭毛の先または体の表面が容器に付着してしまったのか、ミドリムシが自由に動けず身をもがいています。その度に、体全体は柔らかく変形しています。

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
旅の終わりに崩壊する群体シヌラ

種名:Synura
AL-Museum AL-Museum

時 々定位置ですごい勢いで回転してはまた、粒子表面に沿って移動する褐色鞭毛藻群体シヌラ。拡大画面では、長い鞭毛が揺れる様が観察されます。群体は球形で すが、細胞が何個か飛び出しいびつに見えることもあります。そのうち水面の境界に接近し移動を止めますが、やがて体の内容物がどんどん外へ出始めます。鞭 毛の動きもなくなり、群体全体が委縮し矮小化すると思うと最後に崩壊し、個々の鞭毛虫がバラバラに離散してしまいます。

AL-Museum

2016.12.12

真核生物
ブレファリスマ

種名:Blepharisma sp.
東京都 下水道局

長さは150~400μm、幅20~50μmくらい。体長3mmを超える仲間もいる。体は長いシリンダー状で、体色は黄色もしくは褐色。囲口部は体の前端から体長の1/3くらい。体の中にミオネームがある。滑るように移動し、ときどき螺旋状に収縮運動をする。

微生物図鑑

721 件中 41-50 件目

このページの先頭へ