Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

本領域の事業の一環として,細胞運動のビデオのオンラインライブラリーを作成します.細菌,真核生物,アーキア(古細菌),ウイルス,タンパク質, 合成ポリマー,など様々なものの動きを公開します.それぞれのビデオは,私たちが生物学的に掲載価値があるかどうかを判断,分類し,和文と英文で解説します.

ライブラリー作成のため,皆さまに,(1) 研究者によるご自身の研究対象の投稿,(2) スーパーサイエンスハイスクールや生物部の活動などで顕微鏡をのぞいていて見つけた微生物の投稿,などをお願いします.また,(3) 論文のビデオなどで当ライブラリーにリンクしてほしいもの,(4) 周囲に眠っている古いビデオ教材などでアーカイブ化の価値がありそうなもの,については領域事務局までご一報ください.

ライブラリーのアクセスランキングを下記のリンク先で公開しています。直近の3か月のアクセス数の多いビデオ10本を見ることができます。

また、ビデオ・アーカイブをより手軽に楽しんで頂くために、閲覧用スマートフォンアプリを開発いたしました。
以下からダウンロードできますので、是非ご覧下さい。

ビデオ・アーカイブの収録ビデオの利用に関しては下記へご連絡下さい。

伊藤政博 (masahiro.ito@toyo.jp)
東洋大学生命科学部生命科学科 教授
〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
電話&FAX:0276-82-9202(研究室)、0276-82-9305(5105実験室)

iOS版 Android版
ビデオライブラリQRコード iOS

ビデオライブラリQRコード Android
Get it on Google Play

ビデオ一覧

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2014.09.01

その他
「生体運動­の昔と今」 第51回日本生物物理学会年会 大沢文夫先生講演

 大沢文夫

2013年の第51回日本生物物理学会のシンポジウムより。大沢文夫先生の「生体運動­の昔と今」

2014.08.29

原核生物
Cell-cell collision behavior in viscous coupling model of gliding motility for Myxococcus xanthus

種名:Myxococcus xanthus
Department of Bioengineering, Rice University, Houston, Texas, United States of America Professor Oleg A. Igoshin

Cell-cell collision behavior in a simulation with purely viscous interaction between cells and the underlying substrate. Under these conditions both the cells change travel direction after the collision.

Plos Computational Biology

2014.08.29

原核生物
Cell-cell collision behavior in elastic coupling model of gliding motility for Myxococcus xanthus

種名:Myxococcus xanthus
Department of Bioengineering, Rice University, Houston, Texas, United States of America Professor Oleg A. Igoshin

Cell-cell collision behavior in simulations in which model cells interact with underlying substrate through elastic attachments that resist lateral displacements. Under these conditions only one of the cells changes its direction and another cell’s direction remains unaffected.

Plos Computational Biology

2014.08.29

原核生物
Cell-cell collision behavior of Myxococcus xanthus in experiments

種名:Myxococcus xanthus
Department of Bioengineering, Rice University, Houston, Texas, United States of America Professor Oleg A. Igoshin

Experimental time-lapse images showing collision between two isolated cells. As a result of this collision, only one of the cells changes its direction and another cell’s direction remains unaffected. This behavior is similar to the simulations with elastic coupling model of gliding motility indicating presence of strong elastic attachments between cell and substrate in M. xanthus gliding cells.

Plos Computational Biology

2014.08.29

モデル(解説を含む)
タッピングモードAFMの動作原理

金沢大学理工研究域数物科学、バイオAFM先端研究センター 安藤敏夫、内橋貴之、古寺哲幸

カンチレバーと呼ばれる柔らかい板バネ(動画中のオレンジ色の板)がその共振周波数でZ方向に振動しています。カンチレバーから反射したレーザー光の位置を計測することで、カンチレバーの変位を知ることができます。振動するカンチレバーがサンプル表面をたたくとカンチレバーの振動振幅が減少します。タッピングモードAFMでは、この振幅の減少量が一定になるようにフィードバック制御を行っています。この一連の操作をステージをXY方向に走査しながら行うと、サンプル表面の凹凸情報を知ることができます。右下のモニターにはサンプル表面の凹凸情報が映し出されています。カンチレバーの先端にとても細い探針をつければ、DNAやタンパク質が活動するナノメートルの世界を観察することもできます。

Annual Review of Biophysics, 42: 393-414 (2013)

2014.08.29

分子・タンパク質
高速AFMで撮影されたミオシンVのハンドオーバーハンド運動

金沢大学理工研究域数物科学、バイオAFM先端研究センター 安藤敏夫、内橋貴之、古寺哲幸

ミオシンVは2つの足を持ったモータータンパク質で、細胞の中では荷物運びを行っていることが分かっています。尾部を取り除いたミオシンV(ミオシンV-HMM)がアクチンフィラメントに沿ってハンドオーバーハンド様式(後足と前足を交互に前に進める運動様式)に歩行運動する様子を高速AFMで直接観察しました。溶液中には1µMの濃度のATP(ミオシンVのエネルギー源)が入っています。撮影の条件は、1秒間に7フレームの走査速度、走査範囲は150 × 75 nm2 (80 × 40 ピクセル)です。歩行運動中のミオシンVはたまに足踏み運動していることが分かりました。ここでは、前足が足踏み運動したときに水色の三角のマークが現れるようにしてあります。

Annual Review of Biophysics 42: 393-414 (2013)
Nature 468: 72-76 (2010)

2014.08.29

分子・タンパク質
高速AFMで観察された回転ローターのないF1-ATPaseの回転運動

金沢大学理工研究域数物科学、バイオAFM先端研究センター 安藤敏夫、内橋貴之、古寺哲幸

高速AFMで観察した回転ローターのないF1-ATPaseの回転運動。C端側から観察。溶液中には、3 µM の濃度のATP(F1-ATPaseのエネルギー源)が入っている。撮影の条件は、フレームレートは12.5 fps、走査範囲は18 × 14 nm2。高く外側に突き出た構造が反時計回りに回転していくことが分かる。

Annual Review of Biophysics 42: 393-414 (2013)
Science 333: 755-758 (2011)

2014.08.29

真核生物
A persistent walker of Trypanosoma brucei brucei

種名:Trypanosoma brucei brucei
Max-Planck-Institute for Dynamics and Self-Organization, Go¨ ttingen, Germany, and Department of Chemistry, University Professor Thomas Pfohl
of Basel, Basel, Switzerland 

All movies are displayed at 10 Hz. Samples were taken slightly out of focus to facilitate image processing. Recorded at 7 frames per second and at 20x magnification, background subtraction was done using Image Pro Plus. The track corresponds to the center of mass of the cell

Plos Computational Biology

2014.08.29

真核生物
A tumbling walker of Trypanosoma brucei brucei

種名:Trypanosoma brucei brucei
Max-Planck-Institute for Dynamics and Self-Organization, Go¨ ttingen, Germany, and Department of Chemistry, University Professor Thomas Pfohl
of Basel, Basel, Switzerland 

All movies are displayed at 10 Hz. Samples were taken slightly out of focus to facilitate image processing. Recorded at 7 frames per second and at 20x magnification, background subtraction was done using Image Pro Plus. The track is not shown for clarity

Plos Computational Biology

2014.08.29

真核生物
High speed recording of a persistent walker of Trypanosoma brucei brucei

種名:Trypanosoma brucei brucei
Max-Planck-Institute for Dynamics and Self-Organization, Go¨ ttingen, Germany, and Department of Chemistry, University Professor Thomas Pfohl
of Basel, Basel, Switzerland 

Recorded at 1000 frames per second and at 60x magnification

Plos Computational Biology

704 件中 451-460 件目

このページの先頭へ