Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

本領域の事業の一環として,細胞運動のビデオのオンラインライブラリーを作成します.細菌,真核生物,アーキア(古細菌),ウイルス,タンパク質, 合成ポリマー,など様々なものの動きを公開します.それぞれのビデオは,私たちが生物学的に掲載価値があるかどうかを判断,分類し,和文と英文で解説します.

ライブラリー作成のため,皆さまに,(1) 研究者によるご自身の研究対象の投稿,(2) スーパーサイエンスハイスクールや生物部の活動などで顕微鏡をのぞいていて見つけた微生物の投稿,などをお願いします.また,(3) 論文のビデオなどで当ライブラリーにリンクしてほしいもの,(4) 周囲に眠っている古いビデオ教材などでアーカイブ化の価値がありそうなもの,については領域事務局までご一報ください.

ライブラリーのアクセスランキングを下記のリンク先で公開しています。直近の3か月のアクセス数の多いビデオ10本を見ることができます。

また、ビデオ・アーカイブをより手軽に楽しんで頂くために、閲覧用スマートフォンアプリを開発いたしました。
以下からダウンロードできますので、是非ご覧下さい。

ビデオ・アーカイブの収録ビデオの利用に関しては下記へご連絡下さい。

伊藤政博 (masahiro.ito@toyo.jp)
東洋大学生命科学部生命科学科 教授
〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
電話&FAX:0276-82-9202(研究室)、0276-82-9305(5105実験室)

iOS版 Android版
ビデオライブラリQRコード iOS

ビデオライブラリQRコード Android
Get it on Google Play

ビデオ一覧

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2014.12.13

原核生物
FtsZリングの再構成

Department of Cell Biology, Duke University Medical Center 大澤正輝

この実験ではリポソーム内にZリング(細菌の分裂装置)を再構成するために、 人工的な膜結合型のFtsZ を、YFPでラベルしたFtsZのC末端に両親媒性ヘリックスを導入することにより構築した(FtsZ-YFP-mts) 。この動画は、精製したFtsZ-YFP-mtsがGTPにより重合し、 大きなZリングをチューブ状の多重リポソーム内に形成することを示している。Zリングの形成と収縮に他の細胞分裂関連分子は必要なかった。また再構成されたZリングはin vivoのZリング(動画:Zリングの形成と収縮2を参照)と良く似た動態を示した。 参考文献 1. Reconstitution of contractile FtsZ rings in liposomes. Osawa M, Anderson DE, Erickson HP. Science. 2008 May 9;320(5877):792-4. 2. Inside-out Z rings--constriction with and without GTP hydrolysis. Osawa M, Erickson HP. Mol Microbiol. 2011 Jul;81(2):571-9. 3. Chapter 1 - Tubular liposomes with variable permeability for reconstitution of FtsZ rings. Osawa M, Erickson HP. Methods Enzymol. 2009;464:3-17.

2014.12.12

原核生物
FtsZリングの形成と収縮2

Department of Cell Biology, Duke University Medical Center 大澤正輝
 

この動画は、動画“Zリングの形成と収縮1”の細胞#1に関して、Zリングのダイナミクスをより詳しく見たものである。Z リングの収縮の終盤FtsZは娘細胞の細胞質で増加し(Zリング内で減少し)、新しいZリングを娘細胞内に形成する。この過程の特に570 - 710 sec(動画のスピードを落としてある部分)の間で、この細胞のFtsZ繊維は スパイラル様の構造を形成しているのが観察される。これは、少なくともFtsZが大きなスパイラル様の構造を形成しうることを示している。一方、Zリングはいつも完全なリング構造をしているわけではないということが、1130 - 1170 secの*印の部分からわかる。これはこのZリングに大きなギャップが存在し、アーク状の構造になっていることを示唆している。

2014.12.11

原核生物
FtsZリングの形成と収縮1

種名:E. coli
Department of Cell Biology, Duke University Medical Center 大澤正輝

チューブリンのホモログであるFtsZは、細菌の分裂を担う主要な分子である。FtsZはGTPにより短い一本鎖の原繊維に重合し、これがさらに細胞内の分裂面で、リング状構造を形成する。このリング構造はZリングと呼ばれる細菌の分裂装置であり、この構造の中にはFtsZだけでなく、種によって異なるさまざまな分裂関連分子が含まれている。この動画では、大腸菌の分裂をDICで(左)、また分裂時のFtsZの分布をYFPでラベルされたFtsZを低濃度で発現させることにより観察した(右)。 Zリングは収縮し、分裂完了後すぐに、あるいは完了直前(細胞#3)に娘細胞内に新しいZリングが形成される。この実験(富栄養培地、 30度)では細胞周期は40分程度であり、複数の細胞の経時観察から、分裂期間(この場合Zリングの収縮期間)は約15-20分であることがわかる。

2014.12.05

その他
Growth of Hemophilus influenzae

Time-Lapse vision Inc. Time-Lapse vision Inc.

Growth of Hemophilus influenzae

http://timelapsevision.com/

2014.12.05

原核生物
Growth of Streptococcus pneumoniae

種名:Streptococcus pneumoniae
Time-Lapse Vision Inc. Time-Lapse Vision Inc.

Growth of Streptococcus pneumoniae

http://timelapsevision.com/

2014.12.05

その他
Neutrophil inflammation

Time-Lapse Vision Inc. Time-Lapse Vision Inc.

Neutrophil inflammation

http://timelapsevision.com/

2014.12.05

原核生物
Mycoplasma pneumoniae gliding

Time-Lapse Vision Inc. Time-Lapse Vision Inc.

Mycoplasma pneumoniae gliding

http://timelapsevision.com/

2014.12.05

その他
Bacterial phagocytosis by neutrophils

Time-Lapse Vision Inc. Time-Lapse Vision Inc.

Bacterial phagocytosis by neutrophils

http://timelapsevision.com/

2014.12.05

その他
Angiogenesis

Time-Lapse Vision Inc. Time-Lapse Vision Inc.

Angiogenesis

http://timelapsevision.com/

2014.12.05

真核生物
Neuron cell

Time-Lapse Vision Inc. Time-Lapse Vision Inc.

Neuron cell

http://timelapsevision.com/

721 件中 311-320 件目

このページの先頭へ