Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

本領域の事業の一環として,細胞運動のビデオのオンラインライブラリーを作成します.細菌,真核生物,アーキア(古細菌),ウイルス,タンパク質, 合成ポリマー,など様々なものの動きを公開します.それぞれのビデオは,私たちが生物学的に掲載価値があるかどうかを判断,分類し,和文と英文で解説します.

ライブラリー作成のため,皆さまに,(1) 研究者によるご自身の研究対象の投稿,(2) スーパーサイエンスハイスクールや生物部の活動などで顕微鏡をのぞいていて見つけた微生物の投稿,などをお願いします.また,(3) 論文のビデオなどで当ライブラリーにリンクしてほしいもの,(4) 周囲に眠っている古いビデオ教材などでアーカイブ化の価値がありそうなもの,については領域事務局までご一報ください.

ライブラリーのアクセスランキングを下記のリンク先で公開しています。直近の3か月のアクセス数の多いビデオ10本を見ることができます。

また、ビデオ・アーカイブをより手軽に楽しんで頂くために、閲覧用スマートフォンアプリを開発いたしました。
以下からダウンロードできますので、是非ご覧下さい。

ビデオ・アーカイブの収録ビデオの利用に関しては下記へご連絡下さい。

伊藤政博 (masahiro.ito@toyo.jp)
東洋大学生命科学部生命科学科 教授
〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
電話&FAX:0276-82-9202(研究室)、0276-82-9305(5105実験室)

iOS版 Android版
ビデオライブラリQRコード iOS

ビデオライブラリQRコード Android
Get it on Google Play

ビデオ一覧

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2015.02.03

真核生物
STED顕微鏡で見た微小管動態

理化学研究所・生命システム研究センター 岡田康志

STED顕微鏡を用いて、生きている細胞内で微小管の動態を観察してみました。

2015.02.03

分子・タンパク質
単頭キネシンKIF1Aモノマーの運動

理化学研究所・生命システム研究センター 岡田康志

微小管に沿って単頭キネシンKIF1Aのモノマーが、一分子ずつ大きく揺動しながら前進していく様子が観察されました。

science.283.1152-57, 1999

2015.02.03

真核生物
ミトコンドリアの動き

理化学研究所・生命システム研究センター 岡田康志

ミトコンドリアをEGFP-COXで染色して、その動きを観察しました。

2015.01.30

分子・タンパク質
Elongation of actin filament in vitro.

京都大学 生命科学研究科 山城佐和子

Elongation of DyLight549-actin filament attached to the glass surface by NEM-myosin II was observed by using TIRF microscopy. Formin (mDia1)-bound fast elongation (‘ON’) switched to slow, spontaneous elongation (‘OFF’). Bar: 5μm. Reference: Yamashiro et al., Molecular Biology of the Cell (2014) 25:1010-1024.

Mol Biol Cell, 25: 1010-1024, 2014

2015.01.29

真核生物
Single-molecule speckle microscopy directly visualizes the retrograde actin flow.

京都大学 生命科学研究科 山城佐和子

Left: DyLight549-actin (DL-actin) was delivered into a Xenopus XTC cell at a low density by electroporation. Individual fluorescent actin copolymerized with cellular actin filaments and moved toward the central region (retrograde actin flow). Right: Actin networks were visualized by Lifeact-EGFP in the same XTC cell. Total time: 60 seconds. Bar: 10μm. Reference: Yamashiro et al., Molecular Biology of the Cell (2014) 25:1010-1024.

Mol Biol Cell, 25:1010-1024, 2014

2015.01.27

真核生物
ナンキョクユスリカ成虫

大阪市立大学 後藤慎介

 ナンキョクユスリカは南極にのみ生息する昆虫です.2年間という幼虫期間を経て,南極の短い夏の間に蛹,そして成虫となります.オスはこの動画のように盛んに歩きまわってメスを探します.  温帯の昆虫は,昼夜の明暗の違いを利用することで,一日のうちのどの時間に活動するかを決定しています.このしくみには約24時間の周期で振動する体内時計である「概日時計」が関わっています.  一方,南極の夏は夜でも明るい「白夜」となります.このような環境で生息している昆虫は,一日の特定の時間に活動するというような周期性をしめすのでしょうか? 活動時間を決定する概日時計を持っているのでしょうか?   現在,実験と解析を進めているところです.成果について乞うご期待.

2015.01.27

分子・タンパク質
Muscle myosin power stroke

福島大学 増田 正

ミオシン・サブフラグメント1(S1)のヘッドを空間に固定し、ネックの先端にパワーストロークとは反対方向に一定の力を加えて、分子動力学シミュレーションを行った。ネックがヘッドに対して屈曲し、パワーストローク前の構造になった時点で、加えていた力を解除したところ、ヘッドがパワーストローク方向に、元の配置に戻るように動いた。

2015.01.26

真核生物
ガイコツケイソウの滑走運動の様子

種名:Craticula sp.
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 山岡望海

ガイコツケイソウは滑走運動を行う珪藻の一種である。羽状目珪藻に属し、岩などに接着して滑る様に動く。珪藻の滑走運動は前後に動くほか、上下が反転しても運動できるが何かに接着していないと運動しない。この動画はまさにガイコツケイソウが反転しても滑走運動する様子を捉えた貴重な映像。撮影者のY. K.さんに心より敬意を示します。

2015.01.26

真核生物
メガネケイソウの滑走運動の様子

種名:Pleurosigma sp.
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 山岡望海

メガネケイソウは滑走運動を行う珪藻の一種である。S字の様な形をしているのが特徴で、岩などに接着して滑る様に動く。滑走運動にはアクチンが関わっており、縦溝と呼ばれる被殻上の細隙にそって細胞内にアクチン線維束が2本並んでいる。しかし詳細な運動機構や運動の意味は未だ明らかになっていない。ちなみにメガネケイソウはレンズの分解能や色収差などを調べるための検査用プレパラートに用いられたことから、レンズケイソウ→メガネケイソウという名前になった説がある。

2015.01.26

真核生物
イカダケイソウの滑走運動の様子 Part 1

種名:Bacillaria paradoxa
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 山岡望海

イカダケイソウは滑走運動を行う珪藻の一種である。1つの細胞は笹の葉のように細長いが、筏(いかだ)のような細胞群体を形成している。連結した細胞どうしが前後に滑走運動することで細胞群体全体が伸び縮みする。この運動の様子は『南京玉すだれ』に似ており、機械的かつダイナミックである。各細胞どうしのすべりの速度はそれほど速くないが細胞が連なることで、速さが加算され両端はかなりの速度で近づいたり離れたりする。この運動の分子機構と生態的意義は未だ明らかになっていない。しかし紹介する上では、最近の子供が南京玉すだれを知っているかが一番の問題である。

721 件中 291-300 件目

このページの先頭へ