Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブを日本生物物理学会へ移管しました。
日本生物物理学会のサイトはこちらをご覧ください。

ビデオ一覧

*本ページでは2018年3月31日時点で登録されていたビデオのみが表示されます

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2015.11.10

真核生物
アメーバ・ラディオサ

種名:Amoeba radiosa
東京都 下水道局

虫体の大きさは30μmくらいで、突起をふくめた長さは200~350μmくらい。比­較的小型のものが多い。多数の突起を持ち、ヒトデ形または星形をしている。突起は螺旋­状にねじれることもある。ほとんど動かない。食物源は主に細菌類である。

微生物図鑑

2015.08.17

真核生物
スティロニキア?

種名:Amphisiella
AL-Museum AL-Museum

やや大型の繊毛虫。前後の棘毛からステイロニキアの仲間と思われる。細長く前後はやや細い。粒子に首を突っ込んだり、粒子に沿って動いたり、激しい動きはないが繊毛を動かし餌を探す様子。一瞬餌を捉えたのかはっきりしない。内部に沢山の緑色顆粒。収縮胞の伸縮も見られる。

AL-Museum

2015.08.06

真核生物
面白い回転運動

種名:Aspidisca cicada
AL-Museum AL-Museum

体長50ミクロンほどの繊毛虫、上から見ればほぼ円形、横から見ればカメのよう。体の前後の太めの繊毛を振りたてながら、くるくると回転しつつ移動する。

AL-Museum

2015.08.06

真核生物
櫛形の藻類

種名:Amphora or Cymbella
AL-Museum AL-Museum

画面中央に櫛をつらねたように2個並び、1個の細胞内には沢山の微小顆粒が動いている。さっきまでそばにいたミドリムシは立ち去った。

AL-Museum

2015.06.25

真核生物
植物細胞の小胞体運動

種名:Arabidopsis thaliana
京都大 上田晴子,西村いくこ

GFPを融合した膜タンパク質で小胞体を可視化した,シロイヌナズナ葉の表皮細胞の一部を,共焦点レーザー顕微鏡で観察した.川のように筋状に流れる小胞体に加えて,新たなチューブが伸長して網目構造が再編成されている様子も観察できる.(real time movie,bar; 10 micro meter)

2015.06.19

真核生物
特徴のつかめない小型アメーバ

種名:Amoeba(Filamoeba or Vampyrella)
AL-Museum AL-Museum

体長約50ミクロンで柔らかいが、体内には顆粒がぎっしりつまり硬い感じもする。 四方に細長い偽足を出してゆっくり粒子の間を動いている。

AL-Museum

2015.05.25

真核生物
オオアメーバの運動

種名:Amoeba proteus
基礎生物学研究所 谷口 篤史

オオアメーバは鞭毛や繊毛などの運動器官を持っていないが、体の形を自由に変形させることで移動を行う。このような運動はアメーバ運動と呼ばれており、アメーバなどの原生生物に限らず動物の白血球やがん細胞といった多細胞生物の細胞運動にも使われている。アメーバ運動にはいくつか種類があり、オオアメーバの場合はブレブと呼ばれる機構で運動を行っていると考えられている。これは細胞内のアクチンとミオシンの収縮によって細胞内に圧力を発生させ、その圧力が細胞先端を押すことで仮足が伸びるという仕組みである。

2015.03.17

真核生物
Amoeba in motion

種名:Amoeba
Private Microscopist (Hobby) Dr Ralph Wagner

This is a video of an Amoeba . Movement of the Amoeba is shown. First the colorless ectoplasma moves in front of the pseodopodia, followed by the grained entoplasma. The video is done with the phase contrast technique. Please have a look at my homepage for more: http://www.dr-ralf-wagner.de

2014.07.10

真核生物
植物細胞内のアクチン骨格

種名:Arabidopsis thaliana
理化学研究所光量子工学研究領域 富永基樹

アクチンマーカー(Lifeact-Venus)を発現させたシロイヌナズナの表皮細胞(根の伸長領域)を共焦点顕微鏡で3Dイメージングしたもの。

Application of Lifeact Reveals F-Actin Dynamics in Arabidopsis thaliana and the Liverwort, Marchantia polymorpha (PCP, 50, 1041-1048, 2009)

2014.07.10

真核生物
植物細胞内のミオシンXI

種名:Arabidopsis thaliana
理化学研究所光量子工学研究領域 富永基樹

GFPを融合した植物特異的ミオシンXI(原形質流動の駆動力)を発現させたシロイヌナズナの葉の表皮細胞を全反射顕微鏡でリアルタイムイメージングしたもの。

37 件中 21-30 件目

このページの先頭へ