Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

本領域の事業の一環として,細胞運動のビデオのオンラインライブラリーを作成します.細菌,真核生物,アーキア(古細菌),ウイルス,タンパク質, 合成ポリマー,など様々なものの動きを公開します.それぞれのビデオは,私たちが生物学的に掲載価値があるかどうかを判断,分類し,和文と英文で解説します.

ライブラリー作成のため,皆さまに,(1) 研究者によるご自身の研究対象の投稿,(2) スーパーサイエンスハイスクールや生物部の活動などで顕微鏡をのぞいていて見つけた微生物の投稿,などをお願いします.また,(3) 論文のビデオなどで当ライブラリーにリンクしてほしいもの,(4) 周囲に眠っている古いビデオ教材などでアーカイブ化の価値がありそうなもの,については領域事務局までご一報ください.

ライブラリーのアクセスランキングを下記のリンク先で公開しています。直近の3か月のアクセス数の多いビデオ10本を見ることができます。

また、ビデオ・アーカイブをより手軽に楽しんで頂くために、閲覧用スマートフォンアプリを開発いたしました。
以下からダウンロードできますので、是非ご覧下さい。

ビデオ・アーカイブの収録ビデオの利用に関しては下記へご連絡下さい。

伊藤政博 (masahiro.ito@toyo.jp)
東洋大学生命科学部生命科学科 教授
〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
電話&FAX:0276-82-9202(研究室)、0276-82-9305(5105実験室)

iOS版 Android版
ビデオライブラリQRコード iOS

ビデオライブラリQRコード Android
Get it on Google Play

ビデオ一覧

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2017.01.20

真核生物
フィロディナ

種名:Philodina sp.
下水道局 東京都

大きさは300~1,000μmくらい。体は細長く、脚部は1本で、肢部に4本の趾がある。頭に二つの繊毛環があり、眼点は脳の上にある。ヒルのように伸び縮みしながら、フロック間を移動する。また、フロックが小さくなると繊毛を回して泳ぎ回ることがある。頭部の繊毛を動かして、小形の鞭毛類や細菌類を摂食する。頭部の繊毛環を体内に引き込むことができる。

微生物図鑑

2016.12.27

真核生物
ユープロテス

種名:Euplotes sp.
下水道局 東京都

大きさは100~200μmくらい。体は卵形で背面が隆起するなどアスピディスカに似ているが、前端には三角形の広い囲口部があることや、棘毛の付き方が異なること大型なことが違う。フロック依存性が高く、フロックの周囲を動き回る。てんとう虫に似ており棘毛で歩いているようにみえる。

微生物図鑑

2016.12.21

真核生物
カエトスピラ

種名:Chaetospira sp.
下水道局 東京都

大きさは60~250μmくらい。体はフロックなどに付着したフラスコ状の殻の中にいる。体の前端部に剛毛があり、細長く伸び吻状になっている。3列の繊毛があり、珪藻類や小形鞭毛類を摂食する。

微生物図鑑

2016.12.16

真核生物
柄の先端の鞭毛藻コロニー

種名:Anthophysis
AL-Museum AL-Museum

茶色の長い柄の先に、無色の鞭毛藻が10個位集まって群体をつくっています。一個一個の鞭毛藻には2本のかなり長い鞭毛の動くのが見えます。

AL-Museum

2016.12.16

真核生物
緑色の丸い鞭毛虫

種名:Carteria or Chlamydomonas
AL-Museum AL-Museum

濃緑色の円形小型鞭毛虫が、すいすい泳いだ後粒子表面にとりついて暫く停止します。 体はやや硬い感じで、中に細かい緑色顆粒が一杯つまっています。 暫く後、活動を再開し泳ぎ出します。拡大画像で見ると、一瞬体より長い鞭毛が見られますその数ははっきりしません。

AL-Museum

2016.12.16

真核生物
小さな繊毛虫が動き回る

種名:Cinetochilum margaritaceum
AL-Museum AL-Museum

30μ位の小判型繊毛虫が、体のわりに長い繊毛を小刻みに動かしながら、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしています。体の中でも、何かぴくぴくと動いています。食べ物は小さな細菌なのでしょうか、捕食の様子は分かりません。とても繊細な感じの繊毛虫です。

AL-Museum

2016.12.16

真核生物
上手に餌をとるユープロテス

種名:Euplotes
AL-Museum AL-Museum

前 後に特徴ある棘毛のある繊毛虫ユープロテス。大きな口の周りの繊毛を盛んに動かし、水の流れで飛び込む餌を捉える作戦のようです。じっと獲物の飛び込みを 待つっていますが、ときには自分で捕まえるため素早く動くこともあります。捉えられた獲物は奥へ移動します。でも時には外へ飛び出し逃げることもありま す。高倍率では、細胞内の構造がはっきりし、沢山ため込んだ餌が見えます。

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
弱ったミドリムシともう一匹

種名:Euglena
AL-Museum AL-Museum

画面中央に全く動かないミドリムシが一匹、体もやや縮んで、鞭毛だけが弱々しくぴくりぴくりと動いている。その近くにも動かない小型生物が一匹

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
ピーナツ状の繊毛虫

種名:Amphisiella
AL-Museum AL-Museum

体の前後には剛毛、前端はやや細くピーナッツのような形の繊毛虫です。オキシトリカの仲間でしょうか。一寸前進しては停止し、また方向を変え忙しく餌をあさっています。餌にぶつかると口の部分を柔らかく変形させ、中に入れようとします。 珪藻も体内に入って行きます。

AL-Museum

2016.12.15

真核生物
アスピディスカ

種名:Aspidisca sp.
東京都 下水道局

大きさは25~50μmくらい。体は卵形で背面は隆起してノコギリ状で、前方に7本、後方に5本の棘毛がある。フロック依存性が高く、フロックの周囲を動き回る。てんとう虫に似ており棘毛で歩いているようにみえる。

微生物図鑑

721 件中 21-30 件目

このページの先頭へ