Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

本領域の事業の一環として,細胞運動のビデオのオンラインライブラリーを作成します.細菌,真核生物,アーキア(古細菌),ウイルス,タンパク質, 合成ポリマー,など様々なものの動きを公開します.それぞれのビデオは,私たちが生物学的に掲載価値があるかどうかを判断,分類し,和文と英文で解説します.

ライブラリー作成のため,皆さまに,(1) 研究者によるご自身の研究対象の投稿,(2) スーパーサイエンスハイスクールや生物部の活動などで顕微鏡をのぞいていて見つけた微生物の投稿,などをお願いします.また,(3) 論文のビデオなどで当ライブラリーにリンクしてほしいもの,(4) 周囲に眠っている古いビデオ教材などでアーカイブ化の価値がありそうなもの,については領域事務局までご一報ください.

ライブラリーのアクセスランキングを下記のリンク先で公開しています。直近の3か月のアクセス数の多いビデオ10本を見ることができます。

また、ビデオ・アーカイブをより手軽に楽しんで頂くために、閲覧用スマートフォンアプリを開発いたしました。
以下からダウンロードできますので、是非ご覧下さい。

ビデオ・アーカイブの収録ビデオの利用に関しては下記へご連絡下さい。

伊藤政博 (masahiro.ito@toyo.jp)
東洋大学生命科学部生命科学科 教授
〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
電話&FAX:0276-82-9202(研究室)、0276-82-9305(5105実験室)

iOS版 Android版
ビデオライブラリQRコード iOS

ビデオライブラリQRコード Android
Get it on Google Play

ビデオ一覧

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2015.01.26

真核生物
ガイコツケイソウの滑走運動の様子

種名:Craticula sp.
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 山岡望海

ガイコツケイソウは滑走運動を行う珪藻の一種である。羽状目珪藻に属し、岩などに接着して滑る様に動く。珪藻の滑走運動は前後に動くほか、上下が反転しても運動できるが何かに接着していないと運動しない。この動画はまさにガイコツケイソウが反転しても滑走運動する様子を捉えた貴重な映像。撮影者のY. K.さんに心より敬意を示します。

2015.01.26

真核生物
メガネケイソウの滑走運動の様子

種名:Pleurosigma sp.
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 山岡望海

メガネケイソウは滑走運動を行う珪藻の一種である。S字の様な形をしているのが特徴で、岩などに接着して滑る様に動く。滑走運動にはアクチンが関わっており、縦溝と呼ばれる被殻上の細隙にそって細胞内にアクチン線維束が2本並んでいる。しかし詳細な運動機構や運動の意味は未だ明らかになっていない。ちなみにメガネケイソウはレンズの分解能や色収差などを調べるための検査用プレパラートに用いられたことから、レンズケイソウ→メガネケイソウという名前になった説がある。

2015.01.26

真核生物
イカダケイソウの滑走運動の様子 Part 1

種名:Bacillaria paradoxa
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 山岡望海

イカダケイソウは滑走運動を行う珪藻の一種である。1つの細胞は笹の葉のように細長いが、筏(いかだ)のような細胞群体を形成している。連結した細胞どうしが前後に滑走運動することで細胞群体全体が伸び縮みする。この運動の様子は『南京玉すだれ』に似ており、機械的かつダイナミックである。各細胞どうしのすべりの速度はそれほど速くないが細胞が連なることで、速さが加算され両端はかなりの速度で近づいたり離れたりする。この運動の分子機構と生態的意義は未だ明らかになっていない。しかし紹介する上では、最近の子供が南京玉すだれを知っているかが一番の問題である。

2015.01.26

真核生物
イカダケイソウの滑走運動の様子 Part 2

種名:Bacillaria paradoxa
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 山岡望海

イカダケイソウは滑走運動を行う珪藻の一種である。1つの細胞は笹の葉のように細長いが、筏(いかだ)のような細胞群体を形成している。連結した細胞どうしが前後に滑走運動することで細胞群体全体が伸び縮みする。この運動の様子は『南京玉すだれ』に似ており、機械的かつダイナミックである。各細胞どうしのすべりの速度はそれほど速くないが細胞が連なることで、速さが加算され両端はかなりの速度で近づいたり離れたりする。この運動の分子機構と生態的意義は未だ明らかになっていない。しかし紹介する上では、最近の子供が南京玉すだれを知っているかが一番の問題である。

2015.01.26

真核生物
うごめくイカダケイソウ

種名:Bacillaria paradoxa
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 山岡望海

イカダケイソウは滑走運動を行う珪藻の一種である。1つの細胞は笹の葉のように細長いが、筏(いかだ)のような細胞群体を形成している。連結した細胞どうしが前後に滑走運動することで細胞群体全体が伸び縮みする。この動画は大量培養したイカダケイソウが互いに引っかかり、引っ張り合っている様子を撮影したもの。蠢いている様子が伝わる。見ていると酔ってくるのは気のせいだろうか。

2015.01.24

真核生物
Septin of Saccharomyces cerevisiae in mitosis

種名:Saccharomyces cerevisiae
大市大・院理・生物 村田和加惠

Septin (CDC12) was labeled by GFP fusion and traced by x 3600 time lapse

2015.01.14

その他
スマホ顕微鏡でひらくミクロ世界/サイエンス・アゴラ2013(JST)

国立生理学研究所 発明者:永山國昭(総研大理事、生理研名誉教授)、伊藤俊幸(大黒屋社主)

永山國昭 生理学研究所名誉教授がスマホ顕微鏡 Leyeの開発物語をプレゼンします。 製品について詳しくは http://leye.jp/

2015.01.14

その他
Leyeつかいかた

国立生理学研究所 発明者:永山國昭(総研大理事、生理研名誉教授)、伊藤俊幸(大黒屋社主)

スマートフォン顕微鏡 Leye のかんたんな使用方法を説明します。

2015.01.14

その他
Leyeサンプル集

国立生理学研究所 発明者:永山國昭(総研大理事、生理研名誉教授)、伊藤俊幸(大黒屋社主)

Leyeで微生物から植物の細胞、さらに身近なモノまで撮影してみた試料サンプル集で­す。 製品について詳しくは http://leye.jp/ ※紹介した例には標本の着色や微速度撮影を行っているものがあります。

2015.01.13

原核生物
Snapping division of Corynebacterium glutamicum

種名:Corynebacterium glutamicum
東京工業大学大学院生命理工学研究科生物プロセス専攻 和地 正明

Snapping division of Corynebacterium glutamicum

704 件中 281-290 件目

このページの先頭へ