Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

本領域の事業の一環として,細胞運動のビデオのオンラインライブラリーを作成します.細菌,真核生物,アーキア(古細菌),ウイルス,タンパク質, 合成ポリマー,など様々なものの動きを公開します.それぞれのビデオは,私たちが生物学的に掲載価値があるかどうかを判断,分類し,和文と英文で解説します.

ライブラリー作成のため,皆さまに,(1) 研究者によるご自身の研究対象の投稿,(2) スーパーサイエンスハイスクールや生物部の活動などで顕微鏡をのぞいていて見つけた微生物の投稿,などをお願いします.また,(3) 論文のビデオなどで当ライブラリーにリンクしてほしいもの,(4) 周囲に眠っている古いビデオ教材などでアーカイブ化の価値がありそうなもの,については領域事務局までご一報ください.

ライブラリーのアクセスランキングを下記のリンク先で公開しています。直近の3か月のアクセス数の多いビデオ10本を見ることができます。

また、ビデオ・アーカイブをより手軽に楽しんで頂くために、閲覧用スマートフォンアプリを開発いたしました。
以下からダウンロードできますので、是非ご覧下さい。

ビデオ・アーカイブの収録ビデオの利用に関しては下記へご連絡下さい。

伊藤政博 (masahiro.ito@toyo.jp)
東洋大学生命科学部生命科学科 教授
〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
電話&FAX:0276-82-9202(研究室)、0276-82-9305(5105実験室)

iOS版 Android版
ビデオライブラリQRコード iOS

ビデオライブラリQRコード Android
Get it on Google Play

ビデオ一覧

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2015.08.06

真核生物
突然位置を変える繊毛虫

種名:Uronema, Tribonema
AL-Museum AL-Museum

扁平な小判型で中央にくびれのある小さい繊毛虫。繊毛を殆ど動かさず、何かの刺激で突然離れた場所に移動する。この様な繊毛虫が動く仕組みは何なのだろうか?

AL-Museum

2015.08.06

真核生物
身動きできないミドリムシ

種名:Pediastrum muticum
AL-Museum AL-Museum

奇妙な粒子に引っ掛かり身動きがとりなくなったのか、細胞内の顆粒は動くが、体は曲げたまま30分以上も同じ状態でいる。

AL-Museum

2015.08.06

真核生物
粒子の中でひたすら回転

種名:Euglena
AL-Museum AL-Museum

画面中央で揺れ動く粒子の凝集体。実は粒子ではなく中に潜むユーグレナが動いているのだ。暫く伸び縮みした後、丸くなり、細胞の中の顆粒が回り始める。早送り画像だが少なくも30分以上はこの状態が続く。

AL-Museum

2015.08.06

真核生物
川底の情景

種名:Euglena, Biddulphia or Pleurosira
AL-Museum AL-Museum

沢 山の粒子やその凝集体、砂のカケラ、植物の破片などの間を忙しく動く生き物たち。バクテリアは凝集体の表面にも沢山ついているが自由に外も泳ぎ回ってい る。それを食べる大小の鞭毛虫は特に活発だが、他にも小さな珪藻が沢山いる。箱を沢山並べたようなイタケイソウの仲間もいる。川の底には、顕微鏡で眺める と、とても豊かな自然が広がっている。

AL-Museum

2015.08.06

真核生物
ミドリムシとその棲み家

種名:Euglena (Euglena viridis?)
AL-Museum AL-Museum

大きな粒子の凝集体にミドリムシが出たり入ったりしている。ここは、彼らの居心地のいい棲み家なのかも知れない。

AL-Museum

2015.08.06

真核生物
4個で一つの生活単位

種名:Scenedesmus quadricauda
AL-Museum AL-Museum

イカダモと呼ばれる藻類の仲間で、ここでは4つの細胞が横に連なって群体をつくっている。普段は浮遊生活をするがここでは粒子に引っ掛かり動かない。

AL-Museum

2015.08.01

その他
Part 1: Biology of Plant Virus Infection

Donald Danforth Plant Science Center Roger Beachy

This seminar describes the cell and molecular biology of plant virus infection. The first lecture will discuss how virus replication centers are set up in plants and how viruses use host cell mechanisms to facilitate cell to cell movement and eventual pathogenesis. See more at http://www.ibioseminars.org

2015.08.01

その他
Part 2: Genetic Engineering for Virus Resistance in Plants

Donald Danforth Plant Science Center Roger Beachy

In the second part of the lecture, Beachy explains how different biotechnology strategies can be used to produce crops resistant to specific viral infections. See more at http://www.ibioseminars.org

2015.07.29

その他
Part 2: Leishmania spp and Leishmaniasis

種名:Trypanosoma cruzi
The University of Maryland Norma Andrews

In the second part of this lecture, I will present background material on Leishmania, the intracellular protozoan parasites responsible for severe human pathology in several parts of the world. I will discuss the main disease forms, the history of identification of the causative agent and form of transmission, and recent discoveries that established important concepts in our understanding of this increasingly serious infectious disease. See more at http://www.ibioseminars.org

2015.07.29

その他
Part 3: Strategies for Cell Invasion and Intracellular Survival

種名:Trypanosoma cruzi
The University of Maryland Norma Andrews

In the third part of this lecture, I will discuss current work from our laboratory on mechanisms used by the intracellular parasites Trypanosoma cruzi and Leishmania to interact with mammalian cells. In addition to clarifying specific molecular strategies used by these parasites to infect and survive within host cells, these studies also led, in some instances, to unexpected insights on novel pathways regulating mammalian cell function. See more at http://www.ibioseminars.org

704 件中 171-180 件目

このページの先頭へ