Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

本領域の事業の一環として,細胞運動のビデオのオンラインライブラリーを作成します.細菌,真核生物,アーキア(古細菌),ウイルス,タンパク質, 合成ポリマー,など様々なものの動きを公開します.それぞれのビデオは,私たちが生物学的に掲載価値があるかどうかを判断,分類し,和文と英文で解説します.

ライブラリー作成のため,皆さまに,(1) 研究者によるご自身の研究対象の投稿,(2) スーパーサイエンスハイスクールや生物部の活動などで顕微鏡をのぞいていて見つけた微生物の投稿,などをお願いします.また,(3) 論文のビデオなどで当ライブラリーにリンクしてほしいもの,(4) 周囲に眠っている古いビデオ教材などでアーカイブ化の価値がありそうなもの,については領域事務局までご一報ください.

ライブラリーのアクセスランキングを下記のリンク先で公開しています。直近の3か月のアクセス数の多いビデオ10本を見ることができます。

また、ビデオ・アーカイブをより手軽に楽しんで頂くために、閲覧用スマートフォンアプリを開発いたしました。
以下からダウンロードできますので、是非ご覧下さい。

ビデオ・アーカイブの収録ビデオの利用に関しては下記へご連絡下さい。

伊藤政博 (masahiro.ito@toyo.jp)
東洋大学生命科学部生命科学科 教授
〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
電話&FAX:0276-82-9202(研究室)、0276-82-9305(5105実験室)

iOS版 Android版
ビデオライブラリQRコード iOS

ビデオライブラリQRコード Android
Get it on Google Play

ビデオ一覧

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2015.12.01

真核生物
大型繊毛虫の捕食

種名:Stylonychia mytilus
AL-Museum AL-Museum

大型の繊毛虫、口が大きく、口の周りや尾部で棘毛を盛んに動かしている。体内には沢山の餌を貯め込んでいるが、捕食の様子はこの短い画面では見られない。 やや平べったい形からユープロテスの仲間だろうか?

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
ミドリゾウリムシ

種名:Paramecium bursaria
AL-Museum AL-Museum

濃い緑色の繊毛虫、先端が斜めにやや扁平になっている。短い繊毛は体全体に生えている。拡大画像でみると、この色は濃緑色の葉緑体がたくさん集まっているためだ。これらの葉緑体顆粒は細胞の壁に沿ってぐるぐると回転運動していることも特徴的だ。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
ストロビリデイウム繊毛の動き(1)

AL-Museum AL-Museum

口の周りの繊毛を 忙しく回転させるストロビリデイウム。体内には沢山の餌を貯め込んでいるのに、まだ飽き足らず餌を探しているのだろうか?

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
ストロンビデイウム繊毛の動き(2)

種名:Strombidium or Strombidium
AL-Museum AL-Museum

真横からみたストロンビデイウム。口の周りの繊毛の動きがよく見える。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
楽しそうな微生物たち

種名:Chlamydomonas or Chloromonas
AL-Museum AL-Museum

川底では、粒子の間をぬって様々な生物が思い思いに泳ぎでいる。珪藻、鞭毛虫、繊毛虫など。中でも特に楽しそうなのは、回転しながら泳ぎ回る緑色の円形微生物。 やがて粒子に引っ掛かり停止するが鞭毛虫なのか繊毛虫なのか?倍率を拡大してもよく分からない。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
とっくり状の口をもつ細長い繊毛虫

種名:Uroleptus
AL-Museum AL-Museum

体長400ミクロン、大型で細長い繊毛虫。前端は徳利のように、後端は針のように細く、両端に繊毛が密集している。餌をあさるのか、「粒子に頭を突っ込んで は素早く後退」という動作を繰り返す。口のあたりに管状構造が見られ、倍率を拡大すると口から入った食物が細胞内に送られる動きも見られる。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
突然の方向転換

種名:Anisonema
AL-Museum AL-Museum

体 長は約100ミクロン、鞭毛虫としてはかなり大きい。一本の鞭毛は前端で激しく動かし、もう一本は後ろに長く曳きずっている。普段はゆったりと水中を遊泳 しているが、時には小判形で扁平な身体を揺さぶりながら粒子凝集体の中へ進入する。 後の鞭毛を引きずったまま、時々瞬間的に進行方向を変えるしぐさが面白い。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
踊って、食べて、踊って

種名:Strombidium or Strombidium
AL-Museum AL-Museum

体長約100ミクロン、イチゴのように面白い形の繊毛虫。口の周りの繊毛を激しく動かし、渦のような水流を発生させると、獲物はその渦に吸い込まれ、口の中 へ飛び込んでくる。飛び込んだ獲物が身体の奥へ移動する様子も見られる。面白いのは、この激しい渦に攪乱され、繊毛虫から離れられず、口の外側で踊り始め るミドリムシ。餌を捕まえる繊毛虫の見事な工夫がよく分かる。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
あちこちに場所を変え

AL-Museum AL-Museum

一箇所に停止し、口の周りの繊毛を動かしながら餌を捉えるストロビリディウムの仲間。時々場所を変えては餌をねらう。柄はないが、粒子などにくっついて定位置を保つ。体の後ろには透明な液胞があり時々収縮するのが見える。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
ナベカムリ

種名:Testate Amoeba
AL-Museum AL-Museum

ナベカムリ(有殻アメーバーの一種)。しばらく観察したが、全く動かなかった。

AL-Museum

704 件中 111-120 件目

このページの先頭へ