Home > ビデオ・アーカイブ

ビデオ・アーカイブ

本領域の事業の一環として,細胞運動のビデオのオンラインライブラリーを作成します.細菌,真核生物,アーキア(古細菌),ウイルス,タンパク質, 合成ポリマー,など様々なものの動きを公開します.それぞれのビデオは,私たちが生物学的に掲載価値があるかどうかを判断,分類し,和文と英文で解説します.

ライブラリー作成のため,皆さまに,(1) 研究者によるご自身の研究対象の投稿,(2) スーパーサイエンスハイスクールや生物部の活動などで顕微鏡をのぞいていて見つけた微生物の投稿,などをお願いします.また,(3) 論文のビデオなどで当ライブラリーにリンクしてほしいもの,(4) 周囲に眠っている古いビデオ教材などでアーカイブ化の価値がありそうなもの,については領域事務局までご一報ください.

ライブラリーのアクセスランキングを下記のリンク先で公開しています。直近の3か月のアクセス数の多いビデオ10本を見ることができます。

また、ビデオ・アーカイブをより手軽に楽しんで頂くために、閲覧用スマートフォンアプリを開発いたしました。
以下からダウンロードできますので、是非ご覧下さい。

ビデオ・アーカイブの収録ビデオの利用に関しては下記へご連絡下さい。

伊藤政博 (masahiro.ito@toyo.jp)
東洋大学生命科学部生命科学科 教授
〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
電話&FAX:0276-82-9202(研究室)、0276-82-9305(5105実験室)

iOS版 Android版
ビデオライブラリQRコード iOS

ビデオライブラリQRコード Android
Get it on Google Play

ビデオ一覧

絞り込み検索

分類          
キーワード  

 

種名・頭文字から検索

頭文字
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

アクセスランキング

2015.12.18

真核生物
トリネマ

種名:Trinema sp.
東京都 下水道局

幅15~60 μm×長さ30~105 μmくらい。殻は長楕円形で円形のうろこ状の小片が重なり合って規則正しく配列されている。開口部の位置は斜めにずれている。殻は透明に見える。ほとんど動かない。

微生物図鑑

2015.12.01

真核生物
コレプス?

種名:Coleps hirtus
AL-Museum AL-Museum

水中を盛んに泳いで餌を探す小形繊毛虫。やや硬い殻に覆われたコレプスの仲間。弱った獲物を見つけると直撃するが、ここではただ忙しく泳ぎまわっている。

AL-Museum

2015.12.01

原核生物
太陽虫?

種名:Raphidiophrys
AL-Museum AL-Museum

粒子脇をのろのろと移動する正体不明のアメーバ?太陽虫?。堅い殻の周りに多数の偽足を四方に伸ばすが、擬足の周りにも色んなものが付着して、一つ一つの動きがつかめない。全体としては動いているので生きていることは確かだろう。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
プレウロネマ

種名:Pleuronema marinum
AL-Museum AL-Museum

粒子の隙間に潜む繊毛虫プレウロネマ。体の横に透明な膜上構造があり、そこから小さな鞭毛虫が次々体内に飛び込んでくる。その後首尾よく食胞に送られれば餌となるが、その前に、一旦膜を通して中に飛び込んでも又外へ逃げ去る者もあるようだ。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
ストロビリディウム繊毛運動と捕食(1)

種名:Strombidium or Strombidium
AL-Museum AL-Museum

繊毛の動きで餌を引き寄せる 釣鐘あるいはイチゴのような形の繊毛虫、ストロビリディウム。ツリガネムシのように柄は見えないが、まるで柄があるかのように同心円に沿った動きを見せ る。餌をとる工夫は、広い口周辺に密集した繊毛を盛んに動かして、まわりに水流を作り出すこと。見ている間にも餌がポンと自然に口に飛び込んでくる。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
ストロビリディウム繊毛運動と捕食 (2)

種名:Strombidium or Strombidium
AL-Museum AL-Museum

繊毛虫ストロビリディウムを真上から見た映像。周りの粒子や、微小の原生動物の動きから、この繊毛虫が周囲に作り出している水流の激しさがよく分かる。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
捕食作戦を邪魔されて

AL-Museum AL-Museum

粒子の間にじっと潜ミ餌を狙うプレウロネマだが、外からストロビリデイウムが忙しく何度も飛び込んできて追い出されてしまう。背景には「ミカヅキモ」と呼ばれる大きな藻類クロステリウムが見える。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
ストロビリデイウムのペア

種名:Strombidium or Strombidium
AL-Museum AL-Museum

愛嬌のあるイチゴ型繊毛虫ストロビリデイウムが向かい合っている画面。二匹が繊毛を盛んに動かして作り出す水流に、珪藻を除く小さい鞭毛虫たちは自由な泳ぎもままならない。シヌラもいっとき両者の間で動けなくなる。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
ストロビリデイウムの接合?

種名:Strombidium or Strombidium
AL-Museum AL-Museum

2 匹のストロビリデイウムが連結している。上方向から見ると両細胞の隔壁が殆ど見えない時期もあり、横方向からみると、2匹の口部分をつなげるように透明な 膜構造が見られる。2匹は接合中なのだろうか?4分という長い経過を経て、最後は動き過ぎ、また粒子にぶつかったためなのか、突然細胞がこわれはじめ、内 容物が周囲に散乱して、折角の努力もむなしく命を終える。

AL-Museum

2015.12.01

真核生物
沢山の元気な微生物たち

AL-Museum AL-Museum

画面には、コレプス、ストロビリデイウム、ユーグレナが次々と登場、珪藻も、小さな鞭毛虫たちも盛んに泳いでいる。肉眼で見えない世界も、色々な微生物たちの活動の場だ。

AL-Museum

704 件中 101-110 件目

このページの先頭へ